4_魚の味わい方

4_魚の味わい方 4_魚の味わい方

本ブログでは釣りを紹介していますが、釣りの醍醐味の一つに釣った魚を味わうことがあります。

このカテゴリーでは、食べる楽しみを最大限に引き出すための情報を紹介していきます。

魚の新鮮な味を保つ保存方法、美味しく食べるための包丁などの道具に関して紹介します。
試行錯誤して現在に至っているため、同じく迷う方にとって参考になれば幸いです。

また、私自身、お酒が好きなため、魚と共に楽しめるお酒やおつまみなどにも触れていく予定です。

なお、本ブログでは、釣りに関する情報を主に紹介しています。
釣りをしたことがない方も、東京・神奈川なら初めてでもチャレンジしやすいです。ぜひ、挑戦してみてくだださい。
本サイト全体の目次

1 魚の処理や保存方法:新鮮さを保つ

2 道具関係:魚を上手に扱うためのツールについて

包丁関係

4_魚の味わい方

釣った魚をクーラーボックスで保存する方法(ポイントは3つ)

『使い方の基礎知識』は意外と知られていないようです。この記事では、釣り中だけでなく、帰宅前や処理時の活用方法もお伝えします。魚の処理方法も分かるので、鮮度を保って美味しい魚が食べられます。そのほか、「保冷時間を高める方法」も紹介します。
4_魚の味わい方

釣った魚は何日持つ?(長くおいしく食べる方法3選も紹介)

釣った魚の食べられる日数の目安や期間を伸ばす方法をお伝えします。釣った魚は、買うよりも鮮度が高い状態でスタートできるので、あなたがこの記事を読むことで、安心して美味しい魚をながく楽しめます。冷蔵だけでなく、冷凍方法についても触れています。
4_魚の味わい方

魚のウロコ取りを買う前に:「後悔しないためのポイント」と「3選」

のびるら 「魚のウロコ取りを買いたいけど、種類が多くて悩む。後悔しないためには、どんなことに配慮すれば良のかな?せっかくだから、実際に売っているウロコ取りを例に、使い方の違いも知りたい。」と思っていませんか? あなたが本記事を読むと、調理器...
4_魚の味わい方

飛び散らないウロコ取りの方法4選(台所をキレイに使う方法も解説)

「飛び散らないウロコの取り方4選」が飛び散りにくい「ウロコ取り器」が分かるほか、家にあるものを利用した対策もお伝えします。また、処理後の「片付けをラクにする方法3選」で処理のポイントを知って、あなたの台所を気持ちよく使うことにつながります。
4_魚の味わい方

魚のウロコ取り方:「簡単・安全にとるコツ2つ」と「道具5選」

のびるら 「釣った魚などをもらったから美味しく食べたいけど、ウロコをどうやって取れば良いか分からない。あと、どんな道具があるか、代用になるもの含めて知りたい。」 と考えることはありませんか? この記事を読むと、以下のことが分かります。 魚の...
4_魚の味わい方

魚の皮引き方4つのコツ(包丁で変わる!おいしさ変わる!)

のびるら 「魚の皮引きがキレイにできない。 身がたくさん残ったり、皮が切れたりするけど、どうしたら良いんだろう。」と思っていませんか? この記事を見ると次のことが分かり、あなたも皮引きがうまくなります。そして、美味しい刺身が食べられます。 ...
4_魚の味わい方

魚用の包丁選び。魚を卸すのに、片刃が使われる理由。

一般的に両刃が使用される中で、魚用の包丁だけ片刃が使われることに疑問を感じる方もいらっしゃると思います。  実際、私も使っている中で、魚以外で片刃を使うと癖を感じます。 しかし、魚に関しては片刃の方が断然便利と感じています。  魚の処理に片...
4_魚の味わい方

包丁選び:東京湾の魚釣りを想定した3種類を厳選。

魚を捌く包丁として出刃包丁が有名ですが、初めて買おうとするとその大きさや種類が沢山あり迷うと思います。  「釣った魚」と「お店で買う魚」のサイズはアベレージが異なるため、適した包丁は異なると思います。  ここでは、釣りを始めた方向けに、おす...
4_魚の味わい方

釣り人の包丁選び:ロッドと同じように自分に合った包丁を探す。

本記事では釣った魚の包丁選びの重要性について、釣り人目線で記載します。  私個人の感覚ですが、包丁は手で握るため、竿と同じように感度が重要です。 竿選びと同じように、楽しみなが良い包丁を選べば、使うのが楽しいです。 加えて、手に馴染むと綺麗...
4_魚の味わい方

釣った魚の骨抜きのコツと、快適な道具の紹介。

個人的に魚を釣って、刺身にする機会が多いのですが、悩みがちなのが骨抜きです。  特に新鮮な身はプリッとしていて美味しいですが、反面、骨もしっかり固定されて抜きにくいです。  私自身、悩みながら試行錯誤して、現在はかなり改善されています。  ...