飛び散らないウロコ取りの方法4選(台所をキレイに使う方法も解説)

4_魚の味わい方
のびるら
のびるら

「魚を捌いたら、台所中に鱗が飛んで大変だった。ウロコを飛び散らないようにしたいな。
 効果的な方法はないかな?家にあるもので対策できないかな?
 あと、最後の片付けもラクしたい。台所をキレイに使う方法もあるなら知っておきたい。」
と思いませんか?

この記事を読むことで、あなたは次のことが分かり、台所をキレイに使えます。

  • 「飛び散らないウロコの取り方4選」が分かります。
  • 台所をキレイに使って、処理後の「片付けをラクにする方法3選」が分かります。
    (ウロコ取り後の作業を含みます)

そして、これらを知って魚を気軽に捌けるようになれば、美味しい魚食べるチャンスを増やすことができます。新鮮な魚を手に入れて、あなただけでなくまわりの家族や友人と楽しむこともできます。

なお、この記事は次の経験をもとに記載しています。

  • 30年の釣り経験があり、今でも年間100~200匹は捌いています。
  • 中学生までには自分で捌き、釣った魚だけで100種類ほど食べました。
  • 魚専用の包丁4本を自分で研ぐなど、道具にもこだわってます。
  • 妻は調理師として働いていた経験があり、2人で工夫しながら料理をしています。

飛び散らないウロコの取り方4選

具体的には以下の4選です。

  1. 飛び散りにくい『ウロコ取り(調理器具)』を使う。
  2. ビニール袋の中で作業をする。
  3. 水の中で作業をする。
  4. スプーン、しゃもじ、ペットボトルのフタを使用する。

1番目の『ウロコ取り(調理器具)』は最初だけコストが掛かりますが、あなたの魚の処理を効率化するのに最も有効ですし、一度買えばずっと使えます。

2〜4番目は家にあるものを利用できます。そのため、知っておけば準備がなくても活用できます。以下を読むことで気づくと思いますが、2〜4番目は応急処置的な方法です。メリットとデメリットをお伝えするので、それらを考慮しながら組み合わせると効率性が上げられます。

1. 飛び散りにくい『ウロコ取り(調理器具)』を使う

注意点として『ウロコ取り(調理器具)』の形は様々なので、「飛び散りにくい形状」を選ぶことで大きな効果を発揮します。

「形状の選びが分からない」と心配する必要はないです。

以下では、最初に「なぜ、ウロコが飛ぶのか?」と「それを考慮した選び方」をお伝えします。あなたはそれを知ることで、「飛び散りにくい形状の『ウロコ取り』が選べるようになります。

なぜ、鱗は飛ぶのか?

ウロコや包丁に「弾力」があることが、ウロコが飛ぶ原因です。

ウロコに関しては、下図のように曲がった状態でとると、「パチンッ!」と音を出しながら、バネのように跳ね飛びます。
鯛(タイ)などのウロコの大きい魚ほど遠くに飛び、掃除が大変になります。

【解説図】ウロコが飛ぶ原理

包丁に関しては、歯が薄いため下図のよう曲がります。そして、ウロコが外れると曲がりが戻るため、弾き飛ばすことになります。
特に、普段使いされやすい万能包丁は刃が薄いため、弾力が強く弾きやすいです。

【解説図】包丁の弾力の影響

飛び散らずに取るためにはどうする?

「ウロコの弾力」と「包丁の弾力」の両方をなくせば、飛び散りません。
そのためには、下図のように「鱗の根本から、掬い上げる」ように取ることが有効です。

【解説図】ウロコが飛び散らない方法

『ウロコ取り(調理器具)』にはどんな種類があるのか?

大きく分けると、「歯ブラシ型」と「板型」があります(下図参照)。

そして、ウロコが飛びに違いはあるでしょうか?

結論としては「板型」が飛び散りにくく、その利用はそれぞれの「先端(拡大図)」のとおりです。

【解説図】ウロコ取りの形状の影響

「歯ブラシ型」でカバーがあるのもあります。しかし、ウロコが水平方向に飛んだ場合は、作業場所によっては周囲が汚れる可能性があります。また、形状が複雑だと、洗いにくさにつながります。

また、上図を見て「包丁を斜め使用すればよいのでは?」と思うかもしれませんが、それはとても難しいです。なぜかというと、包丁を斜めにするとウロコと皮の隙間に刃が誘導(下図参照)され、身を切りやすいです。失敗を繰り返すとせっかくの魚の身がボロボロになりますし、その後の作業で内臓の汚れなどが入り込むと味も悪くなります。

【解説図】包丁を斜めにしてウロコをとる難しさ。

『ウロコ取り』は市場等で働くプロでも使用している姿をよく見ます。家庭でも魚を美味しく食べるために、持っておきたい道具です。

『ウロコ取り(調理器具)』のデメリット

一度買うだけでずっと使える道具ではありますが、最初だけ購入のコストが掛かります。

せっかく買うなら、あなたにとって使いやすい『ウロコ取り』を選べれば満足につながります。

『ウロコ取り(調理器具)』を選び方

とはいえ、ウロコ取りは製品数や価格帯が多いため、迷うかもしれません。

あなたが満足できるものを選ぶために、「飛び散りにくさ」や「価格」だけでなく、「洗いやすさ」「取りやすさ」「清潔さ」も配慮しましょう。

『ウロコ取り』を選ぶポイントを次のページで解説しています。あなたが後悔しないものを選ぶため、購入前に読めば参考にできるのではないでしょうか。
 →魚のウロコ取りを買う前に:「後悔しないためのポイント」と「3選」

2. ビニール袋の中で作業をする。

魚を「新品のゴミ袋」などの大きな袋に入れて作業します。

跳ね飛んだウロコが、ビニール袋で塞がれます。

【解説図】ビニール袋を利用した作業方法

メリット

  • 大部分のウロコの飛び跳ねが防止できます
  • 袋は、処理後のゴミ捨てに再利用できます。
  • イワシやサンマなど、小型でウロコが取れやすい魚なら作業がしやすいです。

デメリット

  • 袋が汚れて魚が見えずらくなると、細かな作業がしにくいです。
  • 手の動きが袋で制限されるため、作業が遅くなります。
  • 鯛などの大きい魚だと袋の口が大きく開きやすく、その隙間からウロコが飛びだして身体に着きます。
  • カサゴなどのトゲのある魚だと袋が破けて、袋の消費が激しいです。

3. 水の中に入れて作業をする

魚を「水をいれた桶」など入れた状態で、鱗を取ります。ウロコは水の抵抗で飛びません。

【解説図】水の中における作業方法

メリット

  • 魚を洗いながら作業ができます。
  • トゲがある魚でも、袋のように破けません。
  • 水が汚れる前なら、細かな場所も見やすいです。

デメリット

  • 水が濁ると見えにくく、入れ替えが必要です。
  • 水の抵抗が大きく、素早く作業ができません。
  • 皮に傷がつくと身から水が入り、魚が水っぽくなります。
  • 水の中にウロコが溜まりますが、その回収作業の手間がかかります。

4. スプーン、しゃもじ、ペットボトルの蓋を使用する

中型以上のタイ、イワシなどのウロコが大きくて取れやすい魚なら有効です。ただ、部位によっては取れません。

「とりあえず試す」という気持ちで使ってみて、取れなければ他の方法を試しましょう。

なお、スプーンなどで取れないことがある理由は下図のとおりです。口当たりを良くするために、角が丸みがあることで、細かなウロコは取りにくいです。

メリット

  • 気軽に試しやすく、相性が良い魚なら効果は大きいです。
  • 消耗品ではないため、無駄が発生しないです。

デメリット

  • 対象となる魚や部位が限定的です。
  • スプーンやしゃもじの形状次第では、鱗が跳ねる恐れがあります。
  • スプーンやペットボトルの蓋は、力を入れにくいため効率が低いです。
  • スプーンその他を色々と試しても取れない事があり、洗いものが増えて徒労感が強くなります。

台所をキレイに使って、処理後の「片付けをラクにする方法3選」

ウロコがキレイに取れても、その後の台所の片付けがラクじゃないと、気軽な処理はできません。

そこで、「魚の処理後の片付けをラクにする方法」を下記の3つの方法を解説していきます。
ウロコを取った後の魚を捌く時の注意点が主になります。

  1. 内臓やエラを取ったら、すぐに牛乳パックに捨てる
  2. キッチンバサミを活用する
  3. 紙(新聞紙等)を敷く

特に最初の2つを行うことによって、あなたは片付けがとてもラクになるとおもいます。

内臓やエラを取ったら、直接に牛乳パックに捨てる

内臓やエラなどの血の気が多いものを外した際には、「シンクに置かずに、直接捨てる」ことがポイントです。

理由は、シンクに置くと「置いた場所」だけでなく、「水が流れる経路」も汚れるからです。

空の牛乳パックをゴミ箱として使用すると、さらにラクにできます。なぜなら、そのまま燃えるゴミとして捨てられるでしょう。また、牛乳パックは防水なので、周囲が汚れないです。

「シンクに置かずに、直接捨てる」捨てるメリットは、他にもあります。

内臓などをシンクに置いた場合、水を吸ってふやけて見た目が悪くなります。また、排水溝の網などに絡まって、取りにくくなります。
それらの量が多いほど、あなたが回収するときに不快な気持ちが強くなりやすいです。
直せずゴミ箱に捨てることで、それが避けられます。

その作業をしても破片が流れることはありますが、比較的キレイでラクに回収できるため、気持ちもラクになりやすいです。

キッチンバサミを活用する

魚を捌くにあたっては、包丁だけでなくキッチンバサミを活用すると汚れを減らせます。

理由として、内臓やエラの傷つく範囲を少なくできて、周りが汚れにくくなるからです。
傷つける範囲が多いほど破片や汁などがでやすいので、それは周囲の汚れや臭のリスクを上げます。

ハサミを使えば魚を持ちながら作業できるので、切る場所をよく見て作業ができます。
その特徴を活かして下図のように作業すれば、内蔵の傷を最小限に抑えて取ることができます。

【解説図】キッチンバサミの使い方

キッチンバサミを使って上記のように切れば、下図のとおり頭と内臓を一緒にとることができます。そして、そのままゴミ箱に捨てることができます。

【解説図】頭と内臓の取り方

紙(新聞紙等)を敷く

魚の汚れや臭いが、キッチンに直接つくことを避けられます。排水溝の部分に穴を開ければ、水も流せます。

魚の滑り止めになることも大きなメリットです。紙の繊維が木製のまな板と似ているためか、よく止まります。処理中の破片が排水溝に流れ込むことを防ぐ効果もあるので、排水溝の汚れが少し減ります。

そして、処理が終われば、ゴミとして捨てられるので、洗う手間が減らせます。

ただし、この「紙を敷く」に関しては、デメリットもあります。

そのデメリットとは、作業中に紙が大きく破けてしまうと交換が必要なことです。魚が多いと紙の交換の回数も増えて、その処理が一手間として加わります。
また、新聞紙のインクが台所に付く可能性もあります。洗えば落ちるとはいえ、シンクが白色などの場合は目立ちやすく、これも一手間に増えることになります。

どんな場面で使えるでしょうか?

例えば、「小さなお子さんの調理体験」として数匹の魚を捌く程度なら、耐久性は問題になりにくいです。それよりも、広い範囲がカバーできるメリットが大きいです。

このように、状況では活用できるので、知っておいてソンはないでしょう。

まとめ

本記事では、鱗が飛び散ることに関連して、次のことを解説してきました。

  • 『ウロコ取り(調理器具)』で「板状」のものを選ぶことが、「飛び散らない方法」として特に有効であること。
  • 『ウロコ取り』がない場合、効果は限定的だが「ビニール袋の中」「水中」での作業や、「スプーンなどの活用」ができること。
  • 台所をキレイに使うためには、「牛乳パックのゴミ箱」と「キッチンバサミ」の活用が特に有効なこと。
  • 初めての調理などに限られば、「新聞紙」も台所の汚れ防止に活用できること。
のびるら
のびるら

いかがでしたか?あなたにとって、使ってみたい方法はあったでしょうか?

調理がラクにできるテクニックがつけば、お店で調理前の魚をお得に買っておいしくたべることもできます。

もしあなたが、『ウロコ取り(調理器具)』の「板型」を使う方法を選んだなら、ずっと使えます。
あなたが満足する商品を選ぶために、参考になりそうなページを再掲します。
 →魚のウロコ取りを買う前に:「後悔しないためのポイント」と「3選」

コメント

タイトルとURLをコピーしました