船釣りの予約電話:電話のタイミングや「質問内容」を知って不安解消

2_船釣りへの挑戦
のびるら
のびるら

「船釣りにいくお店は決めたけど、初めて電話する場所だから緊張する。初めてで様子が分からず、何を確認すれば良いのかな。何か聞かれることはあるのかな。そもそもいつ電話しよう。」とお困りではありませんか?

この記事では、以下のことが分かります。

  • 電話する前に知っておくとスムーズになること
  • 事前電話で確認すること
  • 電話のやり取りの内容(聞かれること、伝えること、質問すること)
  • 電話をする日や時間帯

なお、この記事は次の経験を通して記載しています。

  • 関東在住、30年の釣り経験があり、130種類以上の魚を釣ってきました。
  • 現在は、仕事と子育て(小学生と幼児)をしつつ、東京湾で年間100匹~300匹釣っています。
  • 小学生のときに祖父から釣りを学んでから、ほぼ毎週父にせがんで一緒に行ってました。
  • その結果、エサ、ルアー、フライと様々な釣りで、岸や船から楽しんでいます。

電話する前に知っておくとスムーズになること

電話を掛ける船宿のホームページをざっとみておきます。ブログ型式の場合は、直近1週間程度を見ておきましょう。

電話を掛けた時に、相手の方が話していることが分かりやすくなります。

なお、電話の際は「対象魚」を決めておいてから電話をしましょう。狙う魚によって、出船時間や道具が異なります。対象魚を絞っておかないと、やり取りしても齟齬が出る可能性があります。

事前の電話で確認すること

当日行っても、満席で乗船できない事態を防ぐために予約しておいたほうが良いです。

また、メールなどでも予約が取れますが、初めての場合は次の理由から電話がおすすめです。

  • お店の雰囲気を知るため
  • 利用方法の詳細の確認のため(ネットが更新されていない場合があります。)

お店の雰囲気を知るため

電話対応から、お店の雰囲気が分かります。

初めての釣りでは、「釣り方を教えてもらう」「トラブル時に協力を求める」などがあります。雰囲気が合わないと感じたら、妥協せずに別のお店を検討したほうが良いです。

後ほど記載する「質問項目」でも、雰囲気を把握することを重視した内容としています。

利用方法の詳細の確認のため

ネットで利用方法を確認しますが、「レンタルの有無」や「集合時間」などの利用にあたって必須な内容は、電話でも改めて聞いたほうが良いです。

船宿の公式サイトであっても、更新が間に合っていない場合があります。また、自然が相手のため、天候や魚のいる場所などで、状況が変わることもあります。

例えば、レンタルの記載がなくても、レンタル可能な場合もあったりします。

下記に、質問の仕方を記載しているので参考にしてみてください。

釣りを楽しむための質問事項

上記で解説した雰囲気の確認を重視して、「①雰囲気の確認」「②予約の確定」の2段階に分けています。

初めての時に不安を感じたり、緊張するのは仕方がないと思います。順番に読み上げて、メモをとるでも構わないと思います。

「①雰囲気の確認」のためのやりとり

【聞かれること(用意しておくこと)】

  • 対象魚(金額や道具に関わります。なお、最初はアジがおすすめです。)
  • 予定人数(一人でも問題ないです。人数が多いと対応しきれないので聞かれます。)

【伝えること・質問すること】

  • 初めての釣りをするのですが、利用できますか?
  • 利用できる場合、レクチャーを受けることはできますか?
  • 釣り中に釣り方などで困った時に、船長に相談できるでしょうか?
  • 釣具(竿、リール、ライフジャケット)のレンタルはありますか?
  • 仕掛け※のレンタルや購入はできますか?( ※仕掛け:針が結ばれた糸やオモリなど。)
  • 乗船代やレンタル等で、一人あたりの料金はどの程度でしょうか?
  • 自分で持って行ったほうが良いものはあるでしょうか?
  • 船にトイレはあるのでしょうか?
  • 天気が悪い場合など、変更やキャンセルは何日前まで可能ですか?(ただし、ドタキャンは避けましょう。他のお客さんの乗船の機会も奪うので、良い船宿でもそこは厳しいです。)

上記のやり取りで不安があれば、「日程を検討して、後日改めて連絡します。」とお伝えして、電話を切ります。

検討の結果、予約をする場合は改めて電話して、下記のやりとりをします。(もし、最初の電話で好印象なら、そのまま下記のやりとりをするのもアリです。)

「②予約の確定」のためのやり取り

【聞かれること】

  • 名前
  • 人数(確定数)
  • 電話番号
  • 連絡先

【伝えること・質問すること】

  • 〇〇狙いで、〇〇日に◯名で予約したいです。
  • 当日、何時までに到着すればいいですか?
  • 電車の場合)最寄り駅からの送迎はありますか?
  • の場合)「駐車場はあるでしょうか。駐車料金は掛かりますか?」

※道具をレンタルしない場合は、次のことも確認します。

  • オモリの重さの範囲
  • リールに巻く糸の太さの範囲
  • 仕掛けの種類や太さ
  • エサの用意の必要性(ルアーなら、種類、大きさ、重さ)
  • 予備仕掛けは、何個程度あると安心か?
  • 電動リールの場合は、電源があるか?
  • 自分の竿の「竿の名称、長さ、負荷荷重、調子」で使用可能か?(種類が無数にあるので、「分からない」と言われる可能性もあります。その場合はレンタルすると安全です。)

後は当日行くだけです。

もし、天候が荒れそうな場合は、3日程度前に電話して日程変更を検討しましょう。なお、風向きを考慮して、穏やかな場所を選んでくれる場合もあります。その場合は、無理にキャンセルする必要はないです。

電話をする日や時間帯

事前確認のためにも1〜2週間前だと安心です

1ヶ月前程度から予約を受け付けていることが多いです。ただ、お店によっては1週間程度前からという場合もあります。

どちらにしても、初めての場合は雰囲気の確認のため、1〜2週間前には連絡すると安心です。ゆとりを持って検討できますし、釣りの準備の時間が長く取れます。

雰囲気が良いけど、予約が取れない場合は、時期を改めて予約電話をします。

電話をする時間帯

お店への電話は、お店が忙しくない時間だと質問がしやすいです。

私の感覚としては午後5時30分が無難と感じます。ただ、お店によって異なるため、午前9時〜11時や17時〜18時あたりでもつながります。お店によっては、ホームページに電話対応の時間が明記されています。

これを読んで「なぜ、そこまで時間帯を気にするのか?」と感じる方もいると思います。

理由は、電話対応だけを行なっている店員さんがいるお店は稀で、時間帯次第ではゆっくり話せないからです。特に、出船時間や帰港時間は、お客さん対応と船や港の整理等で、スタッフ全員で対応しています。電話対応の優先順位が下がるため、その時間を避けたいところです。(利用する側としても、「電話を掛けてて対応がなされず、出船や帰ることができない」と困ってしまいます。)

そのため、電話を掛けたときは、最初に「初めての釣りで、質問があるのですが、今、お話ししてもよろしいですか?都合が悪ければ、後で掛け直します。」と一言添えます。

「後にしてください。」と言われれば、その時間に電話しましょう。「初めてでは厳しいと思う」と言われた場合などは、その時点で他のお店を検討しても良いかもです。

まとめ

本ページでは、船釣りの予約電話について解説しました。

もし初めての釣りでも、このように電話すれば問題ないはずです。

初めての釣りで緊張するのは当然です。私も相当数の電話をしていますが、初めて利用する船宿のときはドキドキします。そのため、この記事で紹介した聞き方で電話をしながら雰囲気を確認しています。(「初めての釣り」ではなく「初めて利用する」とか適宜変更はしています。)

東京神奈川周辺は、船宿も多くあり、良いお店も見つかるはずです。電話を掛けるお店が見つかれば、後は雰囲気を確認して釣りに行くだけです。

のびるら
のびるら

せっかく調べたのに、電話せずに止まるのはもったいないと思います。

船の釣りは、都会で可能な濃い自然体験だと感じます。釣った魚も抜群に美味しいですよ。
一つお店を見つけるだけで、とても身近にできます。釣りに興味を持つ方も多く、人を誘えるきっかけにもなりますよ。

なお、初めての釣りの段取りに興味ある方は、下記のページでまとめいます。一人でも、複数でも使える内容になっています。
初めてでも、船釣りなら1人で楽しめます(むしろ一人が多数派です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました